スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日 住友銅吹所跡地から背割り下水

2014.02.04.17:00

img009.jpg  img010.jpg

img006.jpg  img007.jpg  img008.jpg

住友銅吹所跡地は中央区島之内にあって、現在は「三井住友銀行大阪事務センター」となっている。
ビル壁面には銅の製法等がパネル展示されているが、退色して見難いだけでなく、これといった注釈もなく、甚ださびしいものであった。
住友財閥の源流と考えれば、「これは一体何???」といった思いが強く、もう少しやりようがあるのではないかと感じた。
先生の丁寧な説明で、その当時の状況等は理解出来たが、観光資源的に見れば価値は無い気がする。
ただ、往時の名残は無いものの、東横堀川と長堀川(埋め立てられている。)に隣接しており、立地の良さはよく分かった。
2月7日に「多田銀銅山悠久の館」の見学があり、銅の製法等の勉強は、これに期待したいと思う。

10DSC09652.jpg  20DSC09648.jpg  30DSC09645.jpg

背割り下水は、改良されながらも実際に使用されており、その状況を地上に設置されている「のぞき窓」から見ることが出来たが、石積みの下水溝の中を下水が相当な速さで流れているのを見て少々驚いた。
日を改めて施設を見学してみたいと思う。

40DSC09653.jpg  60DSC09655.jpg  70DSC09654.jpg









スポンサーサイト
プロフィール

わかものたち

Author:わかものたち
私達(高大)「.大阪の歴史遺産探訪科」で学んでいます。学んだ事や、どうすれば成果が上がるか?毎日をどう楽しく過ごしているかをブログの中でコミュニケーションをとりながら、すすめていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。