スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月13日 茨木市立キリシタン遺物史料館を訪ねて

2013.12.19.11:00

今年最後の校外学習で茨木市北部の千堤寺にある「茨木市立キリシタン遺物史料館」を訪ねた。
気温3℃という冷たい雨の中、阪急茨木市駅に9時30分集合。
貸切バスで山間部の千堤寺へと向かった。
茨木市駅からは約12km、乗用車なら30分程度のこの地域が、思いのほか山深く、昔なら隠れキリシタンが住むに相応しい地域であることがよく理解できた。
小雨降る中、千堤寺口バス停付近で前田先生から、この辺りのキリシタン遺跡の説明をを受け、さらに山林の中の山道を15分ほど歩いてキリシタン遺物史料館に到着したが、建物は思いのほかこじんまりとしていた。

1DSC09150.jpg  2DSC09147.jpg  3DSC09146.jpg  5DSC09137.jpg

7DSC09139.jpg

史料館には千堤寺と下音羽地区から発見された絵画、彫刻、書籍、墓碑など多くのキリシタン遺物が展示されている。
館内のビデオで、茨木のキリスト教伝播とキリシタン遺物の発見秘話や遺物について詳しく知ることができた。
1549年フランシスコ・ザビエルによって伝えられたキリスト教は諸大名や支配下の民衆に大きな影響を与えた。
キリシタン大名の高山右近が高槻城主になると、この辺りもその領地となり、領民の多くが信者となった。

8DSC09143.jpg

豊臣秀吉や徳川家康によるキリスト教禁制後も、信者たちはここ千堤寺や下音羽の山中に隠れ、ひっそりとキリスト教を信仰し、禁教時代の遺物を守り伝えてきた。
明治6年禁止令が解かれても、取締りの厳しさを忘れることができず、遺物は隠されていたが、大正8年藤沢大超氏が千堤寺の山中でキリシタン墓碑(上野マリア墓碑)を発見し、隠れキリシタンの里であることがわかった。
これがきっかけとなり、付近の家々からキリシタン遺物が多く発見された。

4DSCN3589.jpg

主な展示遺物は史料館向かいの東家の「あけずの櫃」から発見され、歴史教科書にも掲載されている「聖フランシスコ・ザビエル画像」(重要文化財、現神戸市博物館蔵)、「マリア十五玄義図」、「キリスト磔刑木像と銅筒」、銅版画の「天使讃仰図」、千堤寺で発見された3基の墓碑と拓本、金属製のメダル(メダイ)、口伝えのオラショ(マリア祈祷文)などで、これら多くの遺物は当時のキリシタン文化を研究する上で大変貴重なものである。
禁教令が出た後も明治まで隠れキリシタンとして信仰を守り、発覚を恐れて当主だけに伝え、密かに守られてきたキリシタン遺物は世界的に見ても貴重なものがあり、信仰に生きた人々の思いが強く感じられた。

9DSC09140.jpg  10DSCN3558.jpg  11DSC09142.jpg  12DSCN3563.jpg

13DSC09144.jpg  15DSCN3569.jpg  16DSC09145.jpg

佐保カララの墓碑が見つかったクルス山は最近新名神の工事で半分崩され、日本の原風景を残す山間の里も変わりつつあるようだが、千堤寺口バス停付近には棚田が広がり、のどかな里山の景色を見ることができ、いつまでも残していきたいと思った。

17DSC09148.jpg  19DSC09151.jpg  21DSC09152.jpg  25DSC09157.jpg

26DSCN3594.jpg  27DSC09158.jpg

当日は冷雨降る寒い時期の見学だったので、残念ながら史料館のみの見学となり、クルス山の見学は中止となったが、付近にはキリシタン自然歩道など、ハイキングコースもあるとのことで、季節の良い頃に又遺跡を訪ねて、下音羽の高雲寺にも足をのばしてみたいと思う。
解散後は茨木市駅までバスで戻り、駅周辺や大阪で忘年会となった班も多かったようだ。









スポンサーサイト
プロフィール

わかものたち

Author:わかものたち
私達(高大)「.大阪の歴史遺産探訪科」で学んでいます。学んだ事や、どうすれば成果が上がるか?毎日をどう楽しく過ごしているかをブログの中でコミュニケーションをとりながら、すすめていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。