スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月8日 精神文化の歴史遺産探訪 阿倍野界隈

2013.11.14.21:18

先週の座学では「精神文化の歴史遺産」の題で、我が国古代史上の外来思想について学んだ。
中国からの神仙思想や陰陽道などである。
当日の見学はこれに因んだものであり、10時半、四天王寺前に集合した。
6月21日の”つるのはし跡から”で始まった校外学習は、あいにくの雨で、四天王寺で途中終了したが、この日は晴れ、絶好の探訪日和となった。
日本三大鳥居のひとつの石鳥居が寺に立っているのが不思議だが、これは神仏混合の名残である。
またここは、西の海に沈む夕陽を排して極楽往生を念じる、いわゆる日想感の聖地で
あった。
熊野権現礼拝石のある四天王寺南大門を出て、竹本義太夫の墓のある超願寺前を通り過ぎ、庚申堂に至る。

1あ201411 001  2あDSC08575  3aあDSC08576  3あDSC08582

当堂は庚申信仰の発祥の地といわれ、室町から江戸にかけて信仰が盛んとなった。
年6、7回の庚申の時は、寝ている間に人の体内に棲む三シという虫が天帝に罪を報告するというので、集まって寝ないで見張るようにしたという。

4あ201411 006  5あDSC08581  6あDSC08583

南北に通じる庚申通りから谷町筋に出て、和気清麻呂が河堀口から茶臼山の南の河底池に達する洪水対策用の溝を掘ったあとの窪みを実感し、天王寺の交差点から南下して、熊野街道に沿い安倍晴明神社へ向かった。
熊野街道に往時の面影が無いのは無論の事として、日本最高層のビル、ハルカスを傍らに見る歴史の深さを感じた。

7あDSC08584  8あDSC08587  9あDSC08588  10あDSC08589


神社は陰陽師安倍晴明誕生の地といわれ、産湯の井戸や信太山で出会った父の安倍保名(やすな)と母の葛乃葉姫(白狐)の像などがあった。
この話は人形浄瑠璃や歌舞伎の「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」になっている。
付近には安倍氏が住んでいたとされ、すぐ横に熊野詣での九十九王子で唯一府内に残る阿部王子神社がある。

11あ20141 012  12あDSC08592  13あ201411 014

安倍晴明神社から少し北に戻り、松虫交差点から西に向かうと、松虫塚がある。
名前の由来については幾多の伝承があって確定していないようだが、後鳥羽上皇に仕えた白拍子、松虫鈴虫姉妹が当地に隠れ住んだとして知られている他、謡曲「松虫」にも謡われている。
又、丸山という地名は町域に丸山古墳という古墳があったことに由来する。
このあたり一帯に昔は多くの古墳があったようだが、開発の波で大方は無くなっている。
少し西へ下って聖天山公園で昼食をとる。

14あDSC08593  15あ20141 017  16あDSC08596

公園内には聖天山古墳(6世紀後半の円墳)があるが、多くの部分が削平され、周りが石垣で覆われ頂上には楠の大木が生えている。
標識などは無く、これを古墳と知ることは難しい。
元は大きな古墳だったらしいが、昭和26年に土を採って小さくするうちに石室が発見され、埴輪、土器、直刀、馬具等の副葬品が出土したものの、現在は行方不明になっているという。

17あ201411 022  18あDSC08598

聖天山公園内にある正圓寺は、939年に僧、光道の創建で、”天下茶屋の聖天さん”で親しまれている。
聖天とは大聖歓喜天のことであり、本尊は日本最大といわれる木彫りの「大聖歓喜双身天王」である。
大聖歓喜天の門標の台石は、かつてこの近くに隠棲した兼好法師が使用した藁打ち石との伝えがあり、その碑がある。
堺の豪商で茶人でもあった武野紹鴎もここにいたらしい。
西側の門には鳥居が立っている。

19あ201411 024  20あDSC08599

正圓寺の前を通り、午後は西へ出て阪堺線を越え、天下茶屋公園で安倍寺の塔心礎を見た。
径61cmの柱穴があいている。
最近、阿倍野区松崎町で遺跡が発見されたが、寺は元は相当の伽藍であったらしい。
塔心礎は有為転変を経てこの地に来たものである。
ここで解散し、一部は堺の方違神社へ、一部は住吉大社を訪れた。

21あDSC08600  22あ201411 026

方違神社には先生が同行し、三国ヶ丘の地名の由来と合わせて説明を受けた。
方違神社のある「三国ヶ丘」の地名は、摂・河・泉「三国の境」が由来で、神社は三国の境界点に位置するところから、方位を超えた聖地とされ、陰陽道で、悪い方角を避けて移動する、方違(かたたがえ)信仰の神をまつる神社ということで賑わっているようである。

23あDSC08602  24あDSC08603  25あDSC08604  26あDSC08605

隣接する反正天皇陵から堺市役所に向かった。
目的は21階展望ロビー、地上約80m、仁徳天皇陵を見るには最適で、市街地を眼下に六甲山、関西国際空港から生駒・金剛山、北は大阪城など360度のパノラマ展望が楽しめる所である。
ただ、この日は遠くは霞み、よくは見えなかったが、俯瞰する景色は圧巻であり、あらためて仁徳天皇陵の偉大さを知ることが出来た。

27あDSC08607  28あDSC08608  29あDSC08610  30あDSC08612

31あDSC08613  32あDSC08615  33あDSC08617

この景色に感動し、しばし歓談の後、散会した。
前田先生、遅くまでの案内、ありがとうございました。












   


スポンサーサイト
プロフィール

わかものたち

Author:わかものたち
私達(高大)「.大阪の歴史遺産探訪科」で学んでいます。学んだ事や、どうすれば成果が上がるか?毎日をどう楽しく過ごしているかをブログの中でコミュニケーションをとりながら、すすめていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。